インプラント治療

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることはもちろんです。治療が終わっても、ずっと定期検診があることも念頭に置きましょう。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。