二人目不妊

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、一度言ったら気が乗らないふうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、妊娠できなくて、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。私はラッキーだったのか、全部飲み切らないうちに、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が推奨されています。ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、決してそうではないんですよね。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを減少させるという有効性に限った話では、妊娠3ヶ月までの期間が最も注意する期間ですから、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。不妊体質を改善するために、食生活を見なおしてみるのは一つの手かもしれません。精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、乱れた食習慣を続けていては受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、期待できませんよね。妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、偏らない、健全な食生活を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、血液を作る作用があります。これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠のチャンスが直接的に増えるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると新しい血液が体内サイクルを整え、ホルモンバランスが良くなり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。果物に限った話では、イチゴやライチに含有量が多いと知られていますね。その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも問題ありません。