脂肪分解酵素とは

体脂肪を分解する酵素にリパーゼがあります。生物であればすべて体内に存在しており、人間の場合は胃液や腸液に含まれているといいます。脂肪を分解してエネルギーに転換することができるのが小腸ですが、これはリパーゼによるものです。体脂肪を遊離脂肪酸とグリセリンに分解するのが、リパーゼの機能です。エネルギーとして消費されることで脂肪を分解することができるのですが、脂肪は血液によって筋肉まで届きます。リパーゼが働き始めるのは運動を開始してから、しばらく時間が経過してからなので有酸素運動は20分以上続けるとダイエット効果があると言われています。ダイエットを成功させるためには、リパーゼを上手に活用させることが鍵を握ります。早めにリパーゼの働きをアップさせることで、効率よく脂肪を分解することができるといいます。効率よくリパーゼを働かせるために必要なのは、ミネラルであるカルシウムやマグネシウムです。リパーゼがミネラル不足になるとしっかりと活動しなくなるので、上手に脂肪が分解できないといいます。たくさんのリパーゼを含む食材は、ラディッシュ、ズッキーニ、トマト、セロリ、ほうれん草、にんじんなどいろいろなものです。リパーゼを意識して摂取し、そして活性化させることで、スムーズに体内の脂肪を分解していきましょう。http://hmb女性.biz/