レーザーによるしみ治療

しみ治療法の1つにレーザー治療があります。年齢を重ねると共に気になるのがしみです。Qスイッチルビーレーザーというレーザーを使うしみ治療に関心が集まっています。レーザーを用いたしみの治療は、肝班でなければ有効になります。レーザーでのしみ治療は、光を使うしみ治療ではではないような濃いしみでも治療をすることが可能になります。

しみの治療にQスイッチルビーレーザーを使う利点は、一つ一つのしみ治療が一分未満で済むことがあります。治療の際の痛みの程度は輪ゴムでパチンと弾いたぐらいだそうです。光治療よりも多少痛みが強いようですが、麻酔クリームを塗るのであまり気にならない人が多いようです。しみの治療のためにレーザーを使うことで、短時間で、さほど回数を重ねずとも治療をすることができます。レーザーでのしみ治療は、一回の施術できれいにしみを除去することが可能です。光治療は肌が荒れやすい人でも、レーザーのほうが安心です。高出力でしみを治療できるために、薄いしみに対しては周囲から白さが浮きあがってしまうこともありますので気をつけましょう。化粧を落とし、すっぴんの状態で麻酔クリームを塗り、麻酔効果が出てきたころを見計らってレーザー治療を行います。終了後は患部を絆創膏で保護して終了です。濃いしみの治療を考えている人は一度レーザー治療について検討してみてはいかがでしょうか。陰部の臭いの石鹸