親子ローンの注意点

親子ローンは、住宅ローンの返済を親子で引き継ぐローンです。いろいろと長所がある親子ローンですが、いろいろと注意点もこの融資方法にはあるそうです。実際に親子ローンを組む場合には、親子共々理解した上で納得するためにも、しっかりと親子で話し合って本当にそれでいいかよく考えることが大事です。

子どもが新しく家を買おううとしても、また自分で住宅ローンを組むことは、親子ローンを利用している場合には不可能となります。親子ローンの連帯責任者に、子どもは既になっているからです。未婚の子どもの場合、結婚後の生活スタイルが決まっていないうちから、親との同居を前提とした親子ローンを組むのは、早すぎるかもしれません。子どもの場合、将来的な転勤や、遠隔地への赴任の可能性もあります。選択肢を将来的に狭めてしまうことが、住宅を購入することによってないようにしましょう。住宅ローンを親が主導で検討し、親子ローンを組む時に大切な決定に子どもが関係していないこともあるそうです。あとからローンが重荷になることも、気軽にローンを組んだ場合にはあるでしょう。突然同居が困難になることも、何かわけがあり親子間のトラブルが発生すればあるかもしれません。人生は、何が起きるかわからないことがたくさんあります。親子ローンを組む時は、よく話し合って決める必要があるでしょう。