仕事のストレスの原因

仕事でストレスを全く感じていないという人はいないでしようが、ストレスの蓄積が原因で仕事を続けられなくなったという体験談は存在しています。仕事をする人は、どういう時にストレスを覚えるものなのでしょうか。ストレスで最もよくあるものは人付き合いです。人と人との関係がストレス源になること自体は珍しい話ではありませんが、最近では人との関係性でも新しい問題がてぎています。

終身雇用制度が崩れ、職場の雇用の形態が様変わりしたことによって、仕事上のつき合いも変化が生じています。パソコンを使った仕事をする機会が増えたことから、個々人が割り振られた仕事をするようになっています。個別に分担した作業をすることが増えたために、上司のケアもしづらくなっています。ストレスの背景には、成果主義によってシビアに個人を評価されるようになったこともあります。人づきあいの基本となる挨拶や、言葉を交わす行為を重く見ない人も多くなっています。正社員で働く人が減少したため、責任に押し潰されそうになったり、処理し切れてない仕事を抱えてストレスを感じる人もいます。以前は、日本は景気の成長に合わせて一生働く職場や、手厚い社会保障を受けることができました。終身雇用のシステム自体が実質的になくなっているため、今後の見通しが立たずストレスになる方もいます。ストレスの一つに、景気の悪い今、せっせと働いても一向に将来が好転する見通しが立たないこともあります。